ゆったり時間が流れる魅力満載の都市。リヨンへ行こう

こんにちは!

私は一昨年の夏にヨーロッパを1ヶ月旅したのですが

(ベルギー→フランスのパリ、リヨン→スペインのバルセロナ→ベルギー)

なかでもフランスの第2の都市といわれるリヨンは

とても印象の残る素敵で美しい街でした。

f:id:senaandchao:20171222210359j:plain

 

 

初夏のリヨンは時間のゆったり流れるとても美しい街

リヨンにはローヌ川セーヌ川と二種類の川が流れています。

美食の街や絹織物の街としても有名で、日本でいう京都の様な位置でしょうか。

www.newsdigest.fr

8月のリヨンはとてものどかで、自分が日本で毎日働き、暮らしていた事が

遠い昔の様に感じました。

 街を散策したのは日曜日だったので、人も少なく散歩日和でした。

(しかし、プラスアルファでバカンスシーズンだったので

閉まっているお店も多かったです...。)

f:id:senaandchao:20171222210310j:plain

 ずっと眺めていたくなる、夏の日差しを反射して静かに煌きながら流れる夏のローヌ川

リヨンのとあるお菓子やさんで見つけたお菓子。

何という名前か忘れてしまったのですが中は濃厚なカスタードクリームが入っていて、

外側はフワフワのチョコレートで覆われていてとっても美味しかったです。

f:id:senaandchao:20171222210335j:plain

 種類も沢山あるので決めきれません

 

昔ながらの旧市街とミニチュア博物館を訪れてみよう

 

f:id:senaandchao:20171222210359j:plain

リヨンにはトラブール(Traboule)と呼ばれる小さな通路が至る所で見られます。

このトラブールとは、リヨンでは昔から伝統産物とされてきた絹織物を運ぶ途中で

雨に濡れない様に運ぶものだとされています。(諸説あり)

この暑い時期でも多数の屋根で日光が遮られているので、とても涼しいんですよ! 

f:id:senaandchao:20171222210912j:plain

リヨンの旧市街へ来たら是非行ってみて欲しいのが、

ミニチュア博物館(Musee Miniature et Cinema)

f:id:senaandchao:20171222210604j:plain

この博物館を創設したDAN OHLMANN氏は、日常の風景から

ヨーロッパの伝統的な美しく芸術的な点まで、細部を忠実に再現したミニチュア作品を

多数生み出してきたリヨンではとても有名な方なのだそうです。

f:id:senaandchao:20171222210630j:plain

これ、実際の博物館に見えますよね?これもミニチュアなんですよ!

1つの作品の全体像で人間の顔一人分くらい。

顔を間近にしてまじまじと覗き込んでしまいます。

f:id:senaandchao:20171222210649j:plain

これも驚く事にミニチュアなんです。

座席に残る取り残された紙切れさえも忠実に再現されています。

リアルすぎて何だか不思議な気持ちになってしまいます。

シルバニアファミリーとか食玩とか好きな方は間違いなく好きです!

数時間は潰せます。

f:id:senaandchao:20171222210426j:plain

何と日本を題材にしたミニチュアもあるんですよ!

確か鎌倉のお寺だったと思います。仏像から木段迄とてもリアルに再現されていて、

実際の静観な雰囲気迄伝わってくる様です。

f:id:senaandchao:20171222210504j:plain

エイリアンの模型はリアルに動き迫力満点

さらにここはミニチュアの模型だけでは無いんです。

ハリーポッタースターウォーズ、エイリアンやアメコミ映画等、

有名な映画で使われた小道具や衣装が数多く展示されています。

ホラー映画が好きな私としては、そういったかなりリアルな小道具も展示されていて

見応え満点でした。

ミニチュア好き、映画好きな方には超、超、超オススメです!

f:id:senaandchao:20171222210803j:plain

 

www.tripadvisor.jp

 

f:id:senaandchao:20171222210728j:plain

 

ミニチュア博物館を出た後の広場。

中央にある銅像はリヨンのシンボルのライオンの像です。

リヨンは大都会のパリと比べると、ゆったりと時間が流れる街に感じました。

また機会があれば絶対に行きたい所のひとつです。オススメします!

では、ここまで読んで頂きありがとうございました。